予約管理用   

ご予約・お問い合せ

宮古島体験ダイビング、
シュノーケリング(シュノーケル)の  

八重干瀬 
マリンハート
宮古島

お電話でのご予約
お問合せ
TEL
0980-72-0405

■身長、体重、足のサイズ、ホテル名、携帯番号、レンタカーコースか送迎コースかをお知らせ下さい。

お電話、午前7時から9時午後5時から10時がつながりやすいです。

予約フォーム
※申し訳ございませんが、メールでの返信がない場合は、お電話にてお問い合わせ下さい。

〒906-0008
沖縄県
宮古島市
平良荷川取94


タイムスケジュール

レンタカーのお客様
09:10 池間島集合。(無料駐車場あり)
出航
09:30 器材合わせをしてからポイントへ。
説明の後、シュノーケリング(シュノーケル)とダイビング
昼食
シュノーケリングポイント3カ所変更
帰港
14:00 帰港

八重干瀬 (やびじ)とは


4月の大潮の最干時に撮った写真です。

沖縄県宮古島の1番北側にある、池間島の北東沖、約5~22kmに位置する、サンゴ礁の八重干瀬 (やびじ)。南北で約17km、東西で約6.5kmに渡って、大小100以上のサンゴ礁からできている、日本 で1番大きなサンゴ礁群だそうです。

八重干瀬(やびじ)は、大きく8つの干瀬があることからその名がついたようです。
「やえびし」と呼ばれることもありますが、池間島の方言で、「やびじ」と発音する事が多いようです。
池間島の漁師さん達は、ひとつひとつのサンゴ礁の呼び名を、人の体の各部分(あたま・胴体など)や、海産物、人の名前などで呼んでいるようです。

旧暦3月3日の春の、大潮の干潮時を利用した浜下り(はまうり)という、沖縄の行事があります。宮古島ではサニツと言い、女性たちが、浜辺に下りて身を浄め、潮干狩りを楽しみます。魚やたこや、貝などが取れるようです。


漁師さんが魚や貝やたこを獲っています。

春から夏にかけての大潮の干潮時には、1メートルほどサンゴ礁群が海面に姿を現し、ちょっとした島のようになります。
面積は宮古島の約10分の1位で、海面上に出ることのない暗礁や礁斜面まで加えると、宮古島の約3分の1相当の面積にも達するそうです。
その姿は雄大で、このため、キャッチフレーズとして「幻の大陸」と呼ばれるようになったようです。
八重干瀬は、沖合にあるので、風の影響を受けやすいようです。


いつもは水面下のサンゴたち。