八重干瀬マリンハート宮古島

080-6488-5388

宮古島八重干瀬シュノーケル・シュノーケリング専門 八重干瀬マリンハート宮古島

前へ
次へ

シュノーケリング(シュノーケル)の説明

曇り止めの方法、 曇り止めの液か、ご自分の唾液を、レンズの内側に付け指で伸ばし、海水で軽く洗います。曇り止めは海に入るたびにしましょう。 マスクの装着方 マスクに前髪が入らないよう、鼻にあたらないよう、唇に近づけます。 鼻にあたってブタさんの鼻みたいになるとマスクに水が入ってきます。

ストラップはメガネを耳に掛ける位置、後頭部1番高い位置に装着。 髪の長い方は髪をゴムでとめた上部にストラップをつけます。 ニッコリ笑ったり、話をしたりすると、笑いジワから海水が入ります。

マスクに水が入ったら、マスクフレームの上部を顔のほうに押しながら、鼻から息を吐くと海水が抜けます。

マスクストラップとシュノーケル接合部を持ちながらくわえやすい位置にシュノーケルを動かします。シュノーケルの位置は左。 「あ」と、大きな口を開けシュノーケルを口の中に入れ、マウスピースを「い」と軽く噛み、「う」と唇をすぼめ、マウスピースと唇のすきまをおおい、シールします。

笑ったり、話をしたりして、唇のシールが弱くなる事や、真下を向いてアゴを引きすぎたり、背泳ぎしたりすると海水がシュノーケルに入り、咳き込みが原因でパニックになったりします。
常に唇は「う」と唇をすぼめ、斜め前を向いて泳ぎましょう。 シュノーケルに海水が入ってきた場合、プッと息を吐き、海水を排水します。 吸うときはゆっくり注意深く、吐くときは強めがいいです。

フィンの使い方

はき方は、かかと部分をきれいに裏返して、足を奥まで入れ、かかと部分を元に戻します。面倒でも、一番履きやすい方法です。 泳ぐときは少し胸を張り、斜め前を見ます。足首を伸ばし、ひざを曲げすぎないよう水泳のバタ足で泳ぎます。

水面での起き方

うつぶせの姿勢から仰向けにひっくりかえって、こんにちはとあいさつするように、頭とひざをすばやくくっつけるようにします。

その他

一見穏やかそうにみえても、風や潮流により、知らず知らず流される事があります。時々顔を上げて、インストラクターの位置、船の位置を確かめ、船の前方の風上で泳ぎましょう。他の船舶との接触も危険です。遠くに行き過ぎないようインストラクターの指示にしたがってくださるとありがたいです。 安全は一人の力より多くの目で確認しあう事が必要です。一人で泳がずお互いの安全を確認しながら二人以上で行動しましょう。 暑い時期は、熱中症になられるお客様も多いので、日焼け対策、脱水予防にも充分注意して下さい。 春先、秋、冬は沖縄といえど、水温が低い時もあります。体温喪失で、運動機能も低下しやすいです。長時間海に浸からず、十分休憩を取りましょう。

水中の危険生物には触らないようにしましょう。自然はそのままが一番です。

いつもと違う環境ですので、ご自分の体調に合わせて、安全にお楽しみ下さい。

IMFORMATION

ページのトップへ戻る